論考

インフラで(例えば道路)発電事業はできないだろうか

近時問題になっているインフラの維持問題 https://www.mlit.go.jp/common/001016260.pdf これだけど、例えば道路そのものが発電するなど、インフラ発電事業はできないかしら 振動発電や ja.wikipedia.org 路面太陽光 www1.mlit.go.jp も結構検証されているよ…

一度定着したものは元となったものが消滅した後もかたちだけは残る

著作権法違反だが↓ バイオレンスサザエさん序:㊾#shorts - YouTube まあ、2次創作として見逃されているのだろう。 こちらの二次創作者、若い方と思われるが、冒頭から電車ごっこを「シュッシュッポッポ…」としている。 一般的にこの手の「電車ごっこ」は「シ…

AIの消費力について 勘違いがしていたこと その他AI系の最新情報より

AI活用で、消費は増えない…というのはある種定説だ。 過去面白いたとえがあって覚えているが(確かフォーリンの論文にあったかな)AIはある日、宇宙から飛来した働くことだけを求める異星人というたとえがあった。 最初は警戒するが、よく働くし、害もなさな…

これからは人口が決定的要素ではなくなる社会がくる…いや、そうならなければならない

今月のトップポイント1冊目 www.toppoint.jp 人口は未来を語る 「10の数字」で知る経済、少子化、環境問題 作者:ポール・モーランド NHK出版 Amazon これメガトレンドとして間違いの無い話 ↓にもあるように短期予測は外しやすいが、この手のメガトレンド、…

何をすべきか政治家はわかってるんだ。すべきことをしたら再選できないこともね

ところで延々と政治方面が騒がしい。 裏金問題…すでに 「政治資金規正法などの改正は、泥棒に刑法を改正させるようなものだ。政治家が、自身の首を絞めるような大胆な改正に着手することは考えられない。」 gendai.media といわれてしまう始末。 「しかも今…

お久しぶりです

大部間が空きました 生存投稿です。 様々あって更新滞り気味でブログを書かないこととしていました 降伏論 「できない自分」を受け入れる 作者:高森 勇旗 日経BP Amazon 書けなかったではなく、「書かなかった」としているのは上記の本より。 ぼちぼち為にな…

ビジネスパーソンに必要な力 ズバリ 「謝罪力」

恐らくどんなときでも生き残ることのできる能力は「謝罪力」だろう 大昔に読んだが すごい! 謝罪 西東社 Amazon これは素晴らしかった それ以外にも類書は多い 謝罪論 謝るとは何をすることなのか 作者:古田 徹也 柏書房 Amazon その「謝罪」、今すぐやめま…

専門知識がないのでわからん

www.msn.com 非常に面白記事 「レアメタル」は希少という誤解 が、こういうのは専門知識がないので思わず記事の内容を鵜呑みにしかねないところ。 どこまで正のだろうか?正しいというよりは妥当性といった方が良いかもしれない。絶対的な正しさなどそうはな…

AI問題ばかりでもない (著作権)

おなじみ金子勇さんの件は何度も言われるところ。 結局無罪だったが、果たしてこのようなかたちで日本の技術を結果として潰してしまったことの是非はしばしば取り上げられる。 wired.jp 訴訟されるだけで日本は大変だからね。 アメリカのように裁判は当たり…

今日のAI話題 AI SEO(?)が登場するか

検索エンジンは不要になってChat GPTのようなもに直接回答を求めることが一般化するかもしれない。 となると・・・と思っていたら早速 【Google検索に確変が】従来のGoogle検索は終わった今までのSEO対策が通用しなくなるこれからはまず検索結果の最初にAIに…

メルマガ登録しました またAI生成について

ある方にご教示いただき下記を知った wirelesswire.jp 面白い論考で、全体をみても面白そうだったので、まずメルマガ登録を行った。 wirelesswire.jp ワイヤレスワイヤーニュース、不勉強で恐れ入るが、今回初めて知ったところ。 こういうところだそうだ wir…

AIによる展示説明・・・ 環境展・地球温暖化防止展に行ってきました!

昨日から日報ビジネスさんが主催になって環境展及び地球温暖化防止展が開催されております。 本日行って参りました。 www.n-expo.jp やはりAI(AI配車サービスや、データ追跡、解析。後ドローンと組み合わせた画像解析、検知関係では、ゴミの分別等々多種多…

今度はAIコスプレーヤーがトレンド入り

またこの界隈のようだが twitter.com トレンド入りしている ツイッタースクショ こういうのも・・・ と思ったら AIグラビア研究所さんは無断転載NGだそうだが、リツイートプログに出典を示してリンク張るのはどうなのだろうか。 twitter.com とりあえず、ツ…

名刺博物館的なデータベースはできないだろうか

妄想もいい所だが、国会図書館では無いが、あらゆる名刺を収集する機関というのもあって良いかもしれない。 凄まじいデータベースになるし、かなりいろいろな人を追うことができる。 名刺博物館というと 名刺博物館「サクラテラス」 サクラテラス | 株式会社…

AI議論 20230516

AIについて、議論しようというと応用議論、応用例は多岐にわたり、ついつい車輪の再発見ではないが、すでに進んでいることをまた議論することもあり得る。一方、議論参加者の関心事もまちまちであり、すでに議論されていても、興味あるところはそこを強くと…

【メモ ビジネスアイディア】安心安全のディープフェイクサービス

【メモ ビジネスアイディア】安心安全のデープフェイクサービス ディープフェイク 悪い意味での論じられ方が中心だ。 しかし、よく考えると本人許可を得て、ディープフェイク活用というのはありかもしれない 以前AIの提案等々しているが ↓ penginsengen.hate…

(続)AI以後 

爆速変化の中にいると案外気がつかないものだ ハラリ氏が書いてたけど、AIがここ数ヶ月爆速進化しすぎて、ほとんどの人は何が起きたのか、何が変わってしまったのか全く理解できてないとか。clubhouseみたいな一時の流行り廃りとか思ってる人も多いんかな。…

先ほどのAI系 まとめ直し

いつものようにAI系の情報をまとめてお送りいたします。 先ほどのもののまとめ直しです。 まず 1,大規模言語モデルは新たな知能か: ChatGPTが変えた世界 (岩波科学ライブラリー, 319) https://www.amazon.co.jp/dp/4000297198?psc=1&smid=AN1VRQENFRJN5&ref…

ロボット開発について興味深い主張

ロボット開発について興味深い主張を発見したので紹介しようと思う。 論文誌そのもの(翻訳版) ラント・ブリチェット(開発経済学者・元世界銀行エコノミスト)ロボットか労働者か」https://www.foreignaffairsj.co.jp/focalpoints/2023-3-23-thu/ と 後ネ…

Solitary measures Amazon and Twitter.

As I wrote yesterday, I think it would be a good idea to have a matching function (for those who wish to do so, of course) on Amazon so that people who are reading the same books can form a community or book group with other people who are…

コミュニティ作れないだろうか Amazonなど活用して

昨日も書いたけど、やはり同じ本を読んでいる人同士でコミュニティや読書会できるようAmazonとかで、マッチング機能(勿論希望者のみ)あるといいと思う。ツイッターも同じ傾向どうしてのマッチング(希望者のみ)とか。コミュニティづくりはそれなり…

AI以後論考

AI以後論考 と格好付けたタイトルとしたが、たいしたことは無くよく言われていることを自分なりにまとめたに過ぎない。 丁度このご時世にあう新書が発売されたようだ 目的への抵抗 (新潮新書) 作者:國分 功一郎 新潮社 Amazon 「自由は目的に抵抗する!」 …

素晴らしい本 大きすぎた嘴も思い出したが…

まさかこういうぱっと見スピリチュアル系で、こうも素晴らしい本があるとは知らなかった。第一章~第三章だけでも十分素晴らしい。 全人類必読!!は大げさも非常に素晴らしい。 愛を伝える5つの方法 作者:Gary Chapman いのちのことば社 Amazon 第三章「よ…

「パリピ気分」炎上を考える

最近、全く考察系の記事も書けなくなっている。 たまには1つ簡単な時事考察を書こうと思う。 こちらだ www.itmedia.co.jp 様々記事が出ているので、いちいち記事をひっぱつては来ない。上の記事で十分だろう。 これへの反応は大別して次の2方向になるだろう …

プロ野球 ポストシーズン(?)について

この時期になると、プロ野球のポストシーズンの話題が賑やかだ。 古い記事だがよくまとめられているものもある。 news.yahoo.co.jp news.yahoo.co.jp メジャーはともかく、それ以外の国はなしはなかなか面白い。 しかし、やはり下克上がよいかどうかという点…

まもなく国葬ですが…テロ警戒

27日に迫った国葬だが、まさに今回は警備力が問われる。 普段であれば警備など日本ではなおさら話題にはならない。 そもそも首相といえども1年も持たずに交代することも多かった過去(安倍政権で忘れ去られてしまったが、その前は1年未満首相も多くいた…安倍…

Will there be a business version of WAR or rather AIWAR?

Will there be a business version of WAR or rather AIWAR?Memorandum Baseball is coming out with a variety of indicators. Not only baseball, but many other sports as well. In business, too, various statistical indicators and evaluations tied…

ある種の無念

AIはイラストレーターの敵?殺到した批判、開発側の思い【時事ドットコム取材班】:時事ドットコム AIによる職が奪われる系の一つ ある種の無念 様々考察をしてきた人々のある種の無力だったかもしれない・・・ penginsengen.hatenablog.com penginsengen.…

データ…AI…倫理(?)に関連するお話

本日は単なる(いつもだが)雑な論考 AIやデータに関してを取り扱うとどうしても炎上や法的にグレーだが手厳しく非難される行為というものが生ずる。 最近はそういうものがかなり研究されてきているようだ 一例が↓ www.ethics.bun.kyoto-u.ac.jp かなり参考…

わかりやすいことを積むよりも根本的に勉強した方が良いかも…

結局それっぽいものをいくら読んでも、あまり意味が無いし、一種占い師がこう言っていた…というのとあまり変わらない。 また、歴史は何も教えないというとおり、戦略の逆説効果があるように、あるとき有効でも次は有効では無くなる、決定的に有効だったから…